第6回韓国旅行 1日目

 平成21年3月20日(金)から23日(月)に掛けて、自身6回目となる大韓民国(Republic of Korea/대한민국)旅行へ行って参りました。今回からはこの模様をお伝え致します。

●雑司が谷駅→池袋駅
 3月20日(金)、天候晴。
 旧帝都高速度交通営団(営団)(現東京地下鉄)雑司が谷駅16時41分発の、渋谷発和光市行B1601G普通列車(旧営団10000系電車10両)に乗車。定刻通り発車。座席は半分も埋まっておらず、がらがらである。

●池袋駅→日暮里駅
 B1601G普通列車は16時44分、定刻通り池袋駅に到着。直ぐに、東日本旅客鉄道(JR東日本)乗場に移動し、16時51分発の、山手線外回り1529G普通列車(JR東日本東京総合車両センター(東トウ)E231系電車11両)に乗換。定刻通り発車。座席は殆ど埋まっているが、立客は殆どいない。

●日暮里駅→成田空港駅
 1529G普通列車は17時3分、定刻通り日暮里駅に到着。直ぐに、京成電鉄乗場に移動し、17時25分発の、京成上野発成田空港行京成電鉄17AE01特急「スカイライナー37号」(京成電鉄AE100形電車8両)に乗換。定刻通り発車。座席は約1/3しか埋まっておらず、がらがらである。
 尚、「スカイライナー37号」の日暮里‐成田空港駅間の停車駅は、京成船橋、京成成田、空港第2ビルの各駅である。

●成田国際空港→仁川国際空港
 「スカイライナー37号」は18時22分、定刻通り成田空港駅に到着。直ぐに、成田国際空港20時30分発の、ソウル(Seoul/서울)・仁川国際空港(Incheon International Airport/인천국제공항)行アシアナ航空(Asiana Airlines/아시아나항공)OZ105便に搭乗すべく、搭乗手続を行う。窓口には行列は出来ておらず、搭乗手続は直ぐに終了。尚、今回航空券はアシアナ航空の正規割引運賃にて購入した。小生は韓国旅行の際は殆どの場合アシアナ航空を利用する。何故ならば、アシアナ航空は日韓線で唯一機内でホットミールを提供する為、他社と比較してお得感があるからである。本来であればもっと早い時間帯の便を予約したかったのであるが、三連休の為か満席で、致し方無く当便を利用することとした。
 みずほ銀行成田空港出張所にて、円をウォン(Won/원(₩))に両替。₩1≒0.0725円であるが、同行のレートは₩1≒0.084円である。
 OZ105便は定刻より4分早く出航。エコノミークラスに搭乗、座席は約2/3埋まっている。使用機材はボーイング767‐300。エコノミークラスの座席配置は2×3×2列である。
画像


●仁川市内
 OZ105便は23時10分の定刻より4分早く、仁川国際空港に到着。入国手続は約5分で通過。仁川国際空港は何時も入国審査で待たされることは無く、実に素晴らしい。
 深夜到着の為、この日はソウル市内には行かず、仁川国際空港附近のホテルに宿泊することとする。「空港ゲストハウス(Airport Guest House/공항게스트하우스)」に宿泊。電話を掛けると、無料で送迎してくれる。ホテルの従業員は日本語が堪能で、安心である。空港から僅か数分で到着。1泊僅か3,491円である。
 同ホテルの1階に「ミニストップ(Ministop/미니스톱)」がある。小腹が空いたので、牛肉コチュジャン(Beef Gochujang/소고기 고추장(苦椒醬))なる御結びを購入。たったの₩700(約51円)である。

この記事へのコメント

2010年10月30日 23:50
旧帝都高速度交通営団(営団)(現東京地下鉄)雑司が谷駅16時41分発の、渋谷発和光市行B1601G普通列車(旧営団10000系電車10両)に乗車。定刻通り発車。座席は半分も埋まっておらず、がらがらである
おお、、行った事があります。。。
ごはんもおいしそう。。

この記事へのトラックバック