「忍者ハットリくん列車」乗車

 昨日、機会があり、「忍者ハットリくん列車」に乗車する事が出来ました。毎朝、富山駅に乗り入れているので目にする機会は多いのですが、実際に乗車したのは初めてでした。
画像

 「忍者ハットリくん列車」は、平成16年3月27日から運行開始され、3両在籍しています。「忍者ハットリくん」原作者の藤子不二雄A氏が氷見市出身の縁で、氷見線を中心に、城端線や北陸本線でも運転されています。
 高岡駅8時6分発の、城端発富山行1326D普通列車に乗車。2番乗場から定刻通り発車。先頭車が高岡鉄道部(金タオ)キハ40系1両で、これがハットリくん列車。後寄り2両が金タオキハ47系2両で、これは通常の高岡色の列車。計3両編成です。
 車内は天井附近を中心に「忍者ハットリくん」があしらわれておりますが、外装とは裏腹に意外と派手ではありません。
画像

 8時29分、定刻通り富山駅4番乗場に到着。
 尚、「忍者ハットリくん列車」は、日によって運用が変更となる事がある事から、時刻表には「忍者ハットリくん列車で運行」等といった表記はありません。然し、大糸線の様にホームページ上に於いて運行予定表を公開すれば、より乗客が増えるのではないかと思います。

この記事へのコメント

WL
2007年06月20日 23:54
私も去年、ハットリくん列車に乗ってきました。金沢からはくたか5号(北越急行683系6両+681系3両)に乗って高岡入りし、高岡から氷見→城端線と移動し高岡からサンダーバード11号(金サワ683系6両)に乗って富山へ、ライトレールを試乗した後しらさぎ12号で金沢へ戻りました。同じ鉄道ファンの友人に「ハットリくんに乗った」とメールしたら、「何か変な名前の列車があったような・・・気のせいか」という返事来ました。
大阪人
2009年05月21日 14:10
忍者ハットリ君列車が今年中になくなるそうですが、
車両はどうなるか分かりませんが、
富山駅乗りいれの車両番号を教えてもらえないでしょうか。

この記事へのトラックバック