北海道大自然の旅 2日目

●小樽港→南小樽駅
 新日本海フェリー「ゆうかり」は平成18年8月27日(日)4時30分、定刻通り小樽港(勝納埠頭)に到着。随分と早い到着だが、此れはトラック輸送の実態に合わせたダイヤと思われる。我々人間は序でに乗せておる様な物だから。フェリーターミナル内には喫茶店や浴場等がある。
画像


 フェリーターミナル向かいにある「ローソン」で朝食を購入し、徒歩にて北海道旅客鉄道(JR北海道)南小樽駅に向かう。

●南小樽駅→札幌駅
 徒歩約15分で、南小樽駅に到着。5時41分発の、小樽発札幌行121M普通列車(札幌運転所(札サウ)711系6両)に乗車。乗客は疎らで、がらがらである。小生、北海道は6度目の訪問であるが、意外や711系に乗車するのは初めてである。見掛けは小生毎日の様に乗車しておる475系とそっくりであるが、3扉に改造されておったり扇風機が設置されておったりと、内部は可也475系と異なる。乗客は漸増するが、終始ボックス席を占領出来る程度である。
画像


●札幌駅前バスターミナル→旭川ターミナル
 121M普通列車は6時26分、定刻通り札幌駅7番乗場に到着。直ぐに、札幌駅前バスターミナルに移動。7時丁度発の、札幌駅前バスターミナル始発紋別ターミナル行北海道中央バス「高速流氷もんべつ号」に乗車。乗車前に係員に行先を聞かれる。此れは、後述するが、「流氷もんべつ号」は降車可能停留所がややこしいからであると思われる。座席は自由席である。定刻通り発車。座席は約半分埋まっている。座席は勿論リクライニングシート。テレビの設置があり、座席前ポケット備付のヘッドホンで音声を聞く事が出来る。座席横のチャンネルを変えれば、ラジオを聴く事も出来る。勿論、便所の設置もある。此れは可也サービスレベルが高い。此れで札幌‐旭川間2,000円であるから安い。JRだと普通列車でも2,420円、特急列車(自由席)だと4,170円も掛かる。「Sきっぷ」を利用すれば往復で4,940円と可也安いが、それでも高速バスには敵わない。(尚、高速バスの往復割引は3,750円)。尤も、所要時間は、高速バスが2時間(冬季は2時間20分)、特急「スーパーホワイトアロー号」だと1時間20分と結構差があるが。尚、高速バスは20~30分に1本運行されている。
 さて、小生が乗車したのは、紋別ターミナル行「高速流氷もんべつ号」であるが、旭川市内を経由し、乗降扱いを行うのである。「流氷もんべつ号」は、札幌‐旭川間の「高速あさひかわ号」と旭川‐紋別間の「特急オホーツク号」を掛け合わせた存在なのである。それ故、札幌から乗車した場合、旭川では下車出来るのに上川では下車出来ないという可笑しな事象が発生している。この辺は柔軟に対応すべきである。又、札幌‐紋別間の利用時は予約が必要だが、旭川迄の利用時は予約不要と、何ともややこしい。紋別迄の予約が一杯だったら、旭川迄の乗車は出来ないのであろうか。
 テレビでは、丁度「24時間テレビ 愛は地球を救う」を放送している。この1時間20分の乗車の間にも、感動的なシーンが幾度も出て来た。
 尚、「流氷もんべつ号」は、札幌ターミナル、菊水元町7条、野幌、高速栗沢、東山、高速茶志内、砂川吉野、砂川石山、高速江部乙、高速納内、緑町20丁目、川端6条10丁目、4条1丁目、3条9丁目の順に停車。途中停留所での乗降も結構ある。因みに、「流氷もんべつ号」は道央自動車道を経由するが、道路標識では道央自動車道の英語表記は"Hokkaido Expwy"となっている。
画像


●旭川駅前ターミナル→層雲峡停留所
 「流氷もんべつ号」は9時丁度の定刻より5分遅延して、旭川ターミナルに到着。旭川ターミナルはJR旭川駅に近いが、駅前からやや離れている。
 直ぐに旭川駅前停留所に移動し、9時15分発の、旭川駅前始発層雲峡行道北バス路線バスに乗車。どうせ運賃は1,000円を超えるので、運転手から1,000円のバスカードを購入(1,100円分利用可能)。定刻通り発車。乗客は10名弱で、小生の他にも若干名層雲峡迄行くと思われる乗客もいる。国道39号線を只管東へ。旭川市内では多少乗降があるが、上川郡当麻町に入ると乗降は殆ど無くなる。景色も、辺り一面畑となる。伊香牛辺りからJR石北本線と併走。丁度普通列車がやって来、追い抜いたり追い抜かれたり、といった感じでほぼ速度は同じである。国道39号線の制限速度は50~60㎞/hであるが、バスは70㎞/h超で快走。小生は一番前の座席に着席しておったので、こういった景色を撮影したりする。
 上川駅前停留所で5分間の休憩。上川駅前からの乗客も数名いる。車内放送は英語放送も為される様になる。便所に行こうかと思ったら、運転手に「お客さん、ちょっと良いですか?」と言われ、車外に呼ばれる。何かと思ったら、運転手はこう話し出す。「この前、お客さんと同じ様に一番前に座っていた人がカメラで色々撮っていたんですけど、女性に盗撮だと訴えられて、警察に連れてかれたんですよ。多分逮捕迄はされなかったと思うんですけど…。こういう事もあるんで、気を付けて下さいね。」何とも怖い世の中である。
画像


●層雲峡
 11時5分、定刻通り層雲峡停留所に到着。旭川駅前からの運賃は1,900円である。層雲峡停留所には道北バス層雲峡出張所があり、コインロッカーもある。コインロッカーに余計な荷物を預ける。
 層雲峡は、元々この地域がアイヌ語で「ソウウンベツ」(滝の多い川)と呼ばれていた事から命名された。大雪山国立公園の一部である。温泉も湧いており、温泉街の中心部は「キャニオンモール」と称したカナダの山岳リゾートを模した欧米風の雰囲気を醸し出す通りとなっており、異彩を放っている。休日の割に人通りは多くない。
画像


 この「キャニオンモール」は食堂や土産物屋等が中心となっており、この中で昼食を取る事とする。適当に入った食堂ではジンギスカンが1人前から食べれる為、此れを注文。御飯付で1,000円と手頃な値段である。御味も中々美味い。
画像

 腹を満たした所で、「キャニオンモール」の突き当たりに位置する「層雲峡黒岳ロープウェイ」層雲峡駅へ行く。「りんゆう観光」が運行している。先ずは自動券売機で乗車券を購入。ロープウェイとリフトの往復で2,350円である。ロープウェイは原則20分毎の運行であるが、多客期には10分毎の運行となる。現在は多客期の様で、12時10分の便に乗車。乗客は20人もおらず、此れで多客期なのかな、と思ってしまう。黒岳等が良く見え、眺望は最高である。
画像

 約7分の乗車で、黒岳駅に到着。この辺りが黒岳の五合目である。此処から徒歩約5分で、リフト乗場に到着。リフト乗場の係員はYシャツにネクタイを締めており、余りにきちんとし過ぎており何ともリフト乗場係員には似つかわしくない格好である。2人乗リフトに乗車する事約15分。こんなに長いのに、高速リフトではない。リフト下には高山植物が所々咲いている。
画像

 そして黒岳七合目に到着。標高1,984m。此処からは黒岳は余りに近過ぎて見えないが、その代わり向かい側の阿寒富士等の眺望が素晴らしい。山小屋もあり、此処から黒岳頂上迄は本格的な登山となる。
画像

 リフトで五合目へ下山。五合目近くには黒岳を間近に見れる「高松台」がある。
画像

 黒岳駅13時10分発のロープウェイで層雲峡に下山しようと思ったが、多客期運行は終了し、通常の20分毎の運行に戻っていた。10分以上待つ羽目になる。それは兎も角、復路の眺望は層雲峡温泉街を眼下に望む眺望で、此方も中々良い。
 層雲峡温泉駅に戻り、「キャニオンモール」内にある層雲峡温泉公衆浴場「黒岳の湯」に行く。入湯料は600円であるが、昼食を取った食堂で回数券のばら売りを行っており、500円で購入した。早速入湯。泉質は単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)。無色透明・無味であるが、仄かに硫黄の臭いがする。源泉掛け流しである。大浴場はやや温めだが、露天風呂はやや熱めである。大浴場、露天風呂、サウナがあり、勿論ボディソープ、シャンプー、ドライヤーは無料備付である。風呂上りには大広間での休憩も可能である。

●層雲峡停留所→北見バスターミナル
 層雲峡停留所に戻り、道北バス層雲峡出張所にて「特急石北号」(第5便)の乗車券を購入。北見バスターミナル迄2,500円である。「石北号」は予約定員制の為、事前に道北バスに電話予約しておいたのである。
 「石北号」第5便は15時47分、定刻通り層雲峡停留所を発車。北海道北見バスの運行である。層雲峡からの乗客は小生のみである。座席は半分も埋まっていない。態々事前予約する程の事ではなかった。「石北号」もテレビ・ラジオの設備があり、快適である。ただ、テレビは洋画ビデオが流れている。
 国道39号線を只管東へ。山岳地帯を走行する為、トンネルや急カーブが連続する。交通量は少ないが、北見市内に入ると片側2車線ながら結構交通量が増える。尚、「石北号」は途中、温根湯、留辺蘂、相内、東相内の各停留所に停車。
画像


●北見駅→網走駅
 「石北号」第5便は17時40分の定刻より10分も早く、北見バスターミナルに到着。北見駅の直ぐ横に位置する。バスターミナル隣接の東急百貨店等を徘徊して時間を潰す。北見駅前はそこそこ人通りがあるが、賑やかという程ではない。北見駅構内にはキヨスクと立ち食い蕎麦屋がある程度で、この時間では駅弁の販売も終了している。自動券売機は1機しかない。自動改札機も設置されておらず、他の道内の主要駅と比較すると寂しい。北見の名物は玉葱という事で、キヨスクでオニオンスープを購入。因みに、北海道の地名はアイヌ語由来の物が多いが、北見は別で、過去のこの地域の通称「北海岸」と、快晴の日に樺太が「見」える事から、一字ずつ取った物だそうである。何とも安直である。
 北見駅18時27分発の、北見始発緑行4673D普通列車(旭川運転所(旭アサ)キハ40系1両、ワンマン)に乗車。2番乗場から定刻通り発車。快速「きたみ号」からの乗換客も少なからずおり、座席は半分以上埋まり結構盛況であるが、多くが高校生である。美幌駅で殆どの乗客が下車、更に女満別駅でも残りの半数近くの乗客が下車。女満別駅を発車すると乗客は10名もいなくなる。一般客と旅行客が半々といった感じである。
画像


●網走市内
 4673D普通列車は19時30分、定刻通り網走駅1番乗場に到着。網走駅と網走市街は約1~2㎞離れておるという事もあるが、網走駅前は人通りが全くと申し上げて良い程無い。人通り所か自動車の通行量も少なく、非常に寂しい。因みに、「網走」の地名の由来は複数説があり、「ア・パ・シリ」(我らが見つけた土地)、「アパ・シリ」(入口の地)、等があるが、何れにせよアイヌ語が語源である。
 網走市街迄行くのは面倒臭い故、駅近くで夕食とする事とする。駅から徒歩約5分の所にある「回転寿司 かに源」で夕食とする事とする。小生、回転寿司屋へ行けば大抵玉子等100円台のねたばかり食べるが、折角北海道、然も網走迄来た故、オホーツクの幸を中心に戴く事とする。蛸まんまが210円、生かき貝、生ホタテ、ずわい(小)、かにみそ、おひょうが315円。他、まぐろが126円と安い。北陸ではまぐろはメジャーなねたではない為200円台する。又、いくらが210円。これも北陸では300円台するので、結構安い。
画像

 オホーツクの海の幸を鱈腹味わった後、網走駅前の「ローソン」で買物をし、駅前にある「ホテルルートイン網走」で宿泊。1泊素泊りで5,800円と比較的安価な上、珈琲やインターネットが無料というのが嬉しい。

この記事へのコメント

交通評論家・金沢
2006年09月13日 23:05
私も行きましたよ。
この夏、7月下旬に、往復飛行機で層雲・知床・阿寒・定山渓めぐりを、家族でしました。
やっぱ、涼しい、の一言です。
暑いとしても、我々が住んでる北陸みたいに、蒸し暑くないですね。
北海道から富山降り立ち、突如感じた蒸し暑さは、忘れられません。

ところで、スネヲ様は、こんどの3連休、どうされますでしょうか?

私は、前にも述べましたように、3連休パスで岩手秋田めぐりをしようと思います。
翌週は、土曜にリバイバルくずりゅう、日曜に町内の運動会。
その翌週は、JRバス関東プレゼンツ リバイバル国鉄バス吾妻線。
更にその翌週の3連休の土日は、身内の学校の文化祭の動員、月曜に東京で一般旅行業取扱管理者試験

これが私の今後の休日の過ごし方かな。
スネヲ様も、体と、家族、お金を大切にして、
お互い、秋の休日、楽しんでいきましょう。
交通評論家・金沢
2006年09月16日 02:06
また、気象悪化です。
かねてから申してました東北3連休の旅
台風や秋雨前線による悪天候
それと、日付け変わって今日、業務ミーティング、
明日は休日出勤も言われまして・・・。
やむなく自ら、旅行断念せざるを得なくなりました。
そこで、今日、夕方出勤の準夜勤務だったので、
今日の午前、香林坊に用事があったので、
香林坊から富山駅まで高速バス、そこからはくたか9号の自由席で直江津行って、3連休パスを払い戻してきました。(東日本管内でないときかないので。)
その場で直江津金沢の自由席特急券つきの乗車券を買って、はくたか8号で金沢帰って、仕事して、今帰ってきたところです。
しかし、その時のはくたかの車掌さんはよかったです。
「今日は久しぶりの秋晴れです。右側海寄り後ろには佐渡島、真横遠くには能登半島が眺められます。」
「これから交通の難所でありました、親不知を通過いたします。」
昨日は天気も良くて、いつも通る所だけど、
違った雰囲気が味わえました。
スネヲ様は、今日からどちらへ?
交通評論家・金沢
2006年09月16日 02:14
んま、気象急変にもお気をつけて、お楽しみくだされ。と、私は言いたいね。
あと、年上の私から忠告しておくけど、一番前の席のカメラの件を読んだけど、今の世の中何でも誤解招くことって、きりないさかい、気いつけまっし。

ブログの続き楽しみにしております。
交通評論家・金沢
2006年09月16日 02:44
あっ、そうや。
紋別まで席が埋まってるのであれば、旭川までの利用はできない?
利用できなくて当然じゃないの?
ってのも、そのバスは紋別までのお客様を重点におき、空席がある場合に限り、その空席を「活用して」旭川まで開放しているのではないかな?
増収のためなら何でもやるという会社の策だね。

ちなみに私の北海道旅行は通算4回。
1回目は2年前北斗星で行って函館大沼公園。
楽しみの夜景はガスかかって駄目だったが。
2回目は今年の4月トワイライト体験乗車で支笏湖。
3回目は今年6月に利尻礼文稚内。
4回目は先述の道東定山渓。

あと海外は台湾・タイランド1回ずつと中国2回。

もう、日本は全都道府県制覇してますね。
(沖縄は高校の修学旅行で。)
それでは。おやすみなさい。
2006年09月26日 01:27
いつもコメント有難うございます。実は私、先週1週間外国に逃避しておりました。その模様は後日本ブログにて乞う御期待下さい。
交通評論家・金沢
2006年09月27日 02:56
おかえりなさいませ。
長いこと更新がない・・・。ってのみますと。案の定・・・。4日間の休暇ですんだのですな・・・。

さて、私はというと、半日勤務の金曜に休暇を取り、前日仕事終わってすぐに金沢から、寝台特急「北陸」に乗って上野・東京へ。
小田原まで新幹線「こだま」、そこから箱根登山鉄道・ケーブルカー・ゴンドラリフト・バスを乗り継いで、箱根・富士五湖・富士山五合目を回って、自然豊かでのどかな「都留市」に泊まりました。

富士五湖周辺のホテルなどが取れなかったときの、いい穴場です。河口湖・富士吉田駅から電車で・・・。
交通評論家・金沢
2006年09月27日 03:14
上の続きです。
翌朝、都留市駅6:57に出る、東京行きの直通電車(ロングシート・立川から中央特快)で、東京駅へ。
8:56東京駅着。すぐにN15Aの自由席に座って名古屋へ。
次に乗るH367Aの指定持ってる私ですが、時間があるので、ホームできしめんと天むすセット(500円)をいただき、H367Aが来て、乗車。
米原で、「リバイバルくずりゅう」に乗り換え、金沢に帰りました。
ちなみに前述の「リバイバルくずりゅう」のツアー、催行人数に達さなかったので、中止となり、もう一度指定狙ったら、前の週に取れました。
着後、準夜勤務の休日出勤をして、帰宅。

日曜日は、運動会出る余裕もなく、ぐったり寝てました。
交通評論家・金沢
2006年09月27日 03:29
追伸
私はこれらにそなえて、「東京速達回数券」を購入して、これからの「JRバス関東プレゼンツ」や「総合旅行主任者試験」でも使っていきます。
3列シートの高速バス運賃に3000円足らずのプラスで、「北陸」のB寝台、乗れるのですから。

リバイバル白山・リバイバルくずりゅう・JRバス関東プレゼンツと3制覇です。
ちなみに白山とくずりゅうの車内販売の人ですが、おんなじ人でした。
くずりゅうで車内販売通りかかると、あれ?と思い
私「前回の白山のときもいなかった?」
車内販売の人「はい。そうです。リバイバルダブルヘッターです。」
その場で缶コーヒー買った私でした・・・。
交通評論家・金沢
2006年10月21日 02:25
こちらでも紹介されました
八幡平・田沢湖、往復W日本海で、先週行きました。
乗車券は、「田沢湖・十和田湖ゾーン」周遊きっぷで。
秋田までの往復が2割引になるほか、
ゾーン内である、秋田盛岡の新幹線が乗り放題のゾーン券3370円は、秋田盛岡を新幹線で片道通しで乗った段階で元が取れるのです。
盛岡で新幹線を降りて、バスで八幡平・田沢湖をまわり・・・。
ちなみに晴れてまして、八幡平の景色は最高でした。
紅葉がとてもきれいで。
田沢湖も、湖畔循環バスでまわり、2箇所、降りての見学もできて・・・。
先月、気象急変と休日出勤で、断念した甲斐がありましたね。
交通評論家・金沢
2006年10月21日 02:31
ちなみに今日行く予定だった、「急行あまるべ」
昨日までキャンセル待ち狙うも、駄目でして・・・。
それに、仕事から今帰って、週末、休日出勤も・・・。
重ねて申しますが、働けるとき働いて、
休み確定したら、ふらっと・・・。
が、一番いいですね。
通りすがり。
2011年01月16日 21:24
4年前の記事ですが、コメントさせていただきます。
流氷もんべつ号の7時台札幌発ですが、紋別行きの乗客で席が埋まっており、乗り場に並んでいる旭川行きの乗客が全員乗れないと判断される場合は、増便にて(旭川行きの乗客のみを乗せる車両を呼ぶ)対応しているようです。
一昨年の年末に私が乗った時はそうでした。
紋別行は現在すべての便が予約制になっているので、紋別行である程度埋まっていればあらかじめ増便する用意はしてあるんでしょうね。
ちなみに、その増便した車両は旭川で紋別行の乗客を乗せていたと思います。

また機会があれば北海道にいらしてくださいね!

この記事へのトラックバック