滑川スネヲ的多事争論

アクセスカウンタ

zoom RSS アラスカ旅行記 4日目

<<   作成日時 : 2012/10/03 15:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

●ヒーリーCDP→デナリ国立公園
 7月19日(月)、天候曇。この日のヒーリーの最低気温は13℃、最高気温は16℃である。
 この日は早朝出発の為、朝食は前日に予め購入しておいた弁当を戴く。
画像

 レンタカーにて出発。アラスカ州道3号線を南下。

●デナリ国立公園
 約20q、約15分でウィルダネス・アクセス・センター(Wilderess Access Center)に到着。此処の駐車場にレンタカーを置き、シャトルバスに乗り換え、「デナリ国立公園(Denali National Park & Preserve)」に向かうこととする。この先、デナリ国立公園内を貫くパーク・ロード(Park Road)は一般車両通行禁止の為である。
画像

画像


 5時30分発の、「ワンダー・レイク(Wonder Lake)」行バスに乗車。往復$52.25(約4,587円)である。当便はウィルダネス・アクセス・センター始発便である。シャトルバスは事前予約制で、小生も事前にインターネットで予約した。予約無しの場合、空席があれば乗車可能であるが、シーズン中は早朝便以外空席は出ない様である。定刻より4分遅延して発車。座席は約2/3埋まっている。運転手はガイドを兼ねており、マイクを使用して案内しようとするが、どうもマイクが作動しないようである。バスは発車後間もなく停車し、運転手はレスキューを呼ぶ。程無くレスキューが到着し修理を試みるが、直らない。結局、別のバスに乗り換えることとなる。結局、出発は15分遅延。今度はマイクが作動するが、運転手はぼそぼそ話し、何を言っておるのか良く分からない。丸で御経の様である。最初の休憩迄延々と喋っている。
画像

 約23.5q、約30分走行し、サベージ・リバー・チェック・ステーション(Savage River Check Station)に到着。此処で検問がある。一般車両が通行可能なのは此処迄で、此処から先は一般車両通行禁止である。又、此処から先は未舗装路となる。制限速度は35MPH(約55q/h)。未舗装路と申し上げても整備はされており、乗り心地は然程悪くない。この辺りから車窓はタイガからツンドラへと変わる。
 暫く進むと、草原を彷徨うトナカイ(Caribou)を発見。運転手は動物を発見すると、暫く停車してくれる。
画像

 サベージ・リバー・チェック・ステーションから約1時間20分、25.5q走行し、テクラニカ休憩所(Teklanika Rest up)に到着。此処で約10分間休憩となる。太陽光パネルの設置されたトイレが並んでいる。
画像

 テクラニカ休憩所から約1時間5分、約24.5q走行し、ポリクローム・パス休憩所(Polychrome Pass Rest up)に到着。此処で約10分間の休憩である。
画像

画像


 暫く走行すると、北米大陸最高峰、標高6,194mの「マッキンリー山(Mt.McKinley)」が見えて来る。然し、厚い雲が掛かっており、残念ながらはっきりは見えない。
画像

 約55分、約32q走行し、アイルソン・ビジター・センター(Eielson Visitor Center)に到着。此処で25分間休憩である。ビジターセンターと申し上げても、レストランや売店等は一切無い。小さな博物館と便所がある程度である。
 当ビジターセンター周辺にはちょっとしたハイキングコースがあり、10分程度で一周出来る。残念ながら霧が濃くなり、非常に視界が悪い。
 ビジターセンター附近の岩場で、鳴兎(Pika)を発見。実に愛らしい。
画像

画像

画像

 アイルソン・ビジター・センターから1時間5分、約30.5q走行し、終点のワンダー・レイクに到着。多少天候は良くなって来るが、中々山々に掛かる雲は消えない。
画像

画像


 当バスは35分後の11時45分、折り返しウィルダネス・アクセス・センター行となる。復路は乗客は往路より減り、座席は約半分埋まる。バス車内で昼食を戴く。前日に購入しておいたサンドイッチを戴く。
 途中、箆鹿(Moose)の親子に遭遇。親子揃って池の水を飲む姿が愛らしい。
画像

 12時45分、アイルソン・ビジター・センターに到着。此処で20分間の休憩となる。往路よりは雲が取れて来るが、マッキンリー山ははっきりとは見えない。
画像

画像

 40分走行し、ポリクローム・パス休憩所で10分間休憩。出発して暫くすると、灰色熊(Grizzly Bear)に遭遇。バスは一時停車。最初は一匹だけだったが、やがて三匹出没。暫くすると森の中に帰って行った。
画像

画像


●デナリ国立公園→ヒーリーCDP
 15時丁度、ウィルダネス・アクセス・センターに到着。
 デナリ国立公園入口のライリー・クリーク(Riley Creek)には飲食店や土産物店が林立する。夕食はライリー・クリークで「フィッシュ・アンド・チップス(Fish & Chips)」を戴く。$15.44(約1,355円)である。イギリスのフィッシュ・アンド・チップスは鱈で作るが、アラスカのフィッシュ・アンド・チップスはオヒョウ(Halibut)で作る。中々美味い。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アラスカ旅行記 4日目 滑川スネヲ的多事争論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる