滑川スネヲ的多事争論

アクセスカウンタ

zoom RSS アラスカ旅行記 3日目

<<   作成日時 : 2012/10/02 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●フェアバンクス→チナ温泉
 7月18日(日)、天候曇。この日のフェアバンクスの最低気温は11℃、最高気温は23℃である。
 ホテルでコンチネンタル式の朝食を戴く。$7.95(698円)である。パン、シリアル、オートミール、ヨーグルト、果物が並ぶ。
 ホテルをチェックアウトし、フェアバンクス国際空港迄ホテルのシャトルバスで送迎して貰う。
 約15分でフェアバンクス国際空港に到着。当空港でレンタカーを借りることとする。暫くアラスカ州道2号線(Alaska Route 2)(スティーズ・ハイウェイ(Steese Highway))を北進後、チナ・ホット・スプリングス・ロード(Chena Hot Springs Road)に入り、只管東進。暫く片側2車線であるが、やがて片側1車線となる。制限速度は時速55マイル(MPH(Mile Per Hour))(約88q/h)。多少勾配はあるものの、基本的に直線道路で、快走することが出来る。
画像


●チナ温泉
 約2時間の走行で、「チナ温泉(Chena Hot Springs)」に到着。フェアバンクス国際空港から約110qである。此処で温泉に入湯することとする。入湯料は$10(約880円)である。温泉はやや緑掛かっており、仄かに硫黄臭がする。湯温はやや温めである。浴槽はプール状で、男女混浴、水着着用必須である。
画像



●チナ温泉→ヒーリーCDP
 チナ・ホット・スプリングス・ロードをフェアバンクス方面に戻る。
 チナ温泉から約100q、「アラスカ縦断原油パイプライン(Trans-Alaska Pipeline)」に到着。アラスカ縦断原油パイプラインは、北極海沿岸のプルドー・ベイからアラスカ湾沿岸のバルディーズ迄の約1,300qを結ぶパイプラインで、1977年に完成した。冬季の凍結や自然環境保護の観点から、地表より高い所にジグザグに敷設されている。
画像


 アラスカ州道2号線を南下。途中、フェアバンクス市街のセーフウェイ(Safeway)で買物。昼食としてサンドイッチを購入。$4.24(約372円)である。
 アラスカ州道3号線(Alaska Route 3)(ジョージ・パークス・ハイウェイ(George Parks Highway))を南下。ネナナ川(Nenana River)に沿って走行。
画像

画像


●ヒーリーCDP内
 アラスカ縦断原油パイプラインから約195q、ヒーリー国勢調査指定地域(Census-designated place(CDP) of Healy)に到着。約時間で到着。ヒーリーは人口約1,000人の小さな町で、デナリ国立公園(Denali National Park & Preserve)への入口である。ホテルやレストラン、ガソリンスタンド、コンビニエンスストア等、滞在に最低限必要な施設は揃っている。元々は炭鉱で栄えた町で、現在でも石炭の採掘が行われている。
 デナリ・パーク・ホテル(Denali Park Hotel)に宿泊。2泊で$211.86(約18,597円)である。
 夕食は、ヒーリー町内のレストランで戴く。キングサーモンの炙り焼き(Flame Grilled King Salmon)を戴く。$25(約2,195円)である。サーモンはアラスカを代表する魚である。実に美味い。
画像

 岐路、オットー湖(Lake Otto)に立ち寄る。眺望が良く、附近にはホテルやキャンプ場がある。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アラスカ旅行記 3日目 滑川スネヲ的多事争論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる