滑川スネヲ的多事争論

アクセスカウンタ

zoom RSS 第7回韓国旅行記 2日目

<<   作成日時 : 2011/10/02 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●ソウル市街
 3月21日(日)、天候晴。7時の気温は0℃である。
 ホテルをチェックアウトし、鐘路5街駅7時18分発の、清凉里駅(Cheongnyangni/청량리)発新昌(Sinchang/신창)行K675普通列車(韓国鉄道公社1000系電車10両)に乗車。定刻通り発車。車内はがらがらである。
 K675普通列車は7時20分、定刻通り鐘路3街(Jongno 3(sam)-ga/종로3가)駅に到着。直ぐにソウルメトロ3号線(Line 3/3호선(samhoseon))乗場に移動し、7時24分発の、大化(Daehwa/대화)発梧琴(Ogeum/오금)行S3033普通列車(ソウルメトロ3000系電車10両)に乗換。定刻通り発車。座席は約半分埋まっている。

●ソウル高速バスターミナル→束草高速バスターミナル
 S3033普通列車は7時42分、定刻通り高速ターミナル(Express Bus Terminal/고속터미널)駅に到着。当駅隣接のソウル高速バスターミナル(Seoul Express Bus Terminal/서울고속버스터미널)に移動し、朝食を戴くこととする。ソウル高速バスターミナルには多数の飲食店が入居している。プデチゲ(부대(部隊)찌개(budae jjigae))(₩6,000(約489円))を戴く。
画像

画像

 8時30分発の、束草高速バスターミナル(Sokcho Express Bus Terminal/속초고속버스터미널)行東部エクスプレス(Dongbu Express/동부익스프레스(dongbu igseupeuleseu))高速バスに乗車。運賃は₩23,200(約1,891円)である。定刻通り発車。乗客は4名しかいない。座席配列は2×1列で、非常にゆったりとしている。車内放送は朝鮮語と英語放送があり、分かり易い。
画像

 蚕院インターチェンジ(Jamwon Interchange/잠원나들목(蚕院交叉路/Jamwon nadeulmog))から京釜高速道路(Gyeongbu Expressway/경부고속도로(gyeongbu gosogdolo))に入る。片側5車線、制限速度110q/h、車の流れは良い。新葛ジャンクション(Singal Junction/신갈분기점(新葛分岐點/singal bungijeom))で嶺東高速道路(Yeongdong Expressway/영동고속도로(yeongdong gosogdolo))に入る。制限速度100q/h、片側4車線あるが、徐々に車線は減少し、やがて片側2車線迄減少する。
 途中、横城サービスエリア(Hoengseong Service Area/횡성휴게소(横城休憩所/hoengseong hyugeso))で休憩。出発時刻は車内に掲示されるので、安心である。サービスエリアは日本の高速道路のサービスエリアと雰囲気はほぼ同一であるが、土産物屋は然程広くなく、代わりにフードコートが広めである。
画像

 江陵ジャンクション(Gangneung Junction/강릉분기점(江陵分岐點/gangneung bungijeom))から東海高速道路(Donghae Expressway/동해고속도로(donghae gosogdolo))を走行。終点の河趙臺インターチェンジ(Hajodae Interchange/하조대나들목(河趙臺交叉路/hajodae nadeulmog))から国道7号線(Route 7/국도제7호선)を走行。暫くは片側2車線、制限速度80q/hであるが、やがて片側1車線、制限速度60q/hとなる。

●束草市街
 11時40分の定刻より8分早く、束草高速バスターミナルに到着。天候晴。12時の気温は5℃である。
 束草はソウルの東約280qの所にある、人口約9万人の市である。束草には鉄道は通っておらず(嘗ては東海北部線(Donghae Bukbu Line/동해북부선((Donghae Bukbuson))が通っていたが、廃線となった。現在の最寄は江陵駅であるが、ソウルからの便は良くない。)、空港は襄陽国際空港(Yangyang International Airport/양양국제공항(Yangyang Gukje Gonghang))が比較的近いが便数が少ない為、ソウルからは高速バスが最も利便性が高いのである。
画像

画像

 バスターミナル近くで昼食を戴くこととする。束草名物のヘムルスンドゥブ(해물순두부(海鮮純豆腐/haemul sundubu))を戴く。₩6,000(約489円)である。「スンドゥブ」とはおぼろ豆腐のことで、海産物とスンドゥブが入った鍋料理である。実に美味い。
画像

 タクシーでクムホレンタカー営業所に行き、レンタカーを借りることとする。タクシーの運転手は、仕切に「전망대,십만원.」と言う。小生「예약있어요.(予約しているよ。)」と言うが、「캔슬!」(キャンセル!)と簡単には引き下がらない。
 何とか勧誘を断り、錦湖レンタカー(Kumho Rent a Car/금호렌터카(geumho lenteoka))営業所へ。手続は氏名と住所を記入するだけで簡単である。貸し出される車は、現代自動車(Hyundai Motor/현대자동차/Hyeondae Jadongcha)のアバンテ(Avante/아반떼(abantte))という小型セダン。レンタル料は1日₩67,000(約5,461円)である。

●束草市→高城郡
 早速出発。国道7号線を北上。片側1車線であるが、交通量は少なく、束草市街を抜けると信号は殆ど無い為、快走出来る。日本海沿いを走行。海岸沿いには有刺鉄線が張られた柵が続いており、物々しい雰囲気である。
画像


●高城郡内
 束草出発から約1時間半で、統一安全公園(Tongil Security Park/통일안전공원(tongil anjeon gongwon))に到着。ここで手続を行う。旅券を提示し、書類に住所・氏名等を記入し提出。入場料と駐車料金各₩3,000(約245円)を支払い、高城統一展望台(고성통일전망대(goseong tongil jeonmangdae))へ向かう。民統線で兵士が立っており、ここで手続した書類を見せ、通行証を貰い先に進む。兵士は威勢良く敬礼する。
 約10分で高城統一展望台に到着。高城統一展望台は韓国最北の展望台で、彼の板門店(Panmunjeom/판문점)よりも北に位置する。手続さえ行えば、韓国人でも外国人でも自由に訪問することが可能である。展望台からは、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」と呼称)を望むことが出来る。金剛山(Kŭmgangsan/금강산)も望める。鉄道や道路は北朝鮮に向けて既に完成しているが、勿論鉄道は運行されていないし、道路も通行することは出来ない。一応、展望台は撮影禁止となっているが、皆写真撮影しており、特に咎められることもない。展望台には土産物店があり、高麗人参茶等北朝鮮の特産品等が販売されている。
画像

画像


 高城統一展望台を後にし、束草に戻ることとする。途中、花津浦歴史安保展示館(Hwajinpo History Security & Exhibition Hall/화진포역사안보전시관(hwajinpo yeogsa anbo jeonsigwan))を訪問。入場料₩2,000(約163円)を支払い入場。花津浦は韓国最大の自然湖で、直ぐ側に日本海を望める。嘗ては故・金日成の別荘地であったこともあり、その一部が資料館として公開されている。
画像

画像



●束草市街
 束草市街に戻り、高速バスターミナル近くの「グッドモーニングホテル(Good Morning Hotel/모닝호텔)」に宿泊することとする。1泊5,500円である。
 夕食は、束草名物の「アバイスンデ(아바이순대(abai sundae))」を戴く。₩1,000(約815円)である。アバイスンデは、豚の大腸に豚の血、餅米、春雨、玉葱、にんにく等を入れて蒸して作る、ソーセージに似たものである。中々美味い。尚、「アバイ」とは北朝鮮咸鏡道(Hamgyeong Province/함경도(hamgyeong-do))の方言で「お父さん」の意である。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第7回韓国旅行記 2日目 滑川スネヲ的多事争論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる